花ヲツマミニ

家飲みの食卓日記

「五月雨の湯布院 - 亀の井別荘」


DSC_4586.jpg 



五月雨の湯布院に行ってまいりました
至る所で咲き乱れる紫陽花は
立ち止まって眺めるほどしっとりと美しい
雨の季節も湯布院は素敵です

到着して旅館のチェックインまでの時間
あれやこれやと計画するのも楽しい
まずは、お気に入りの蕎麦屋に出向き舌鼓
後はチェックイン時間まで金鱗湖周辺を散策

福岡より涼しいだろうと思っていたのだけど
すっごい暑くて;
たまらずCaféへ


DSC_4573.jpg 



金鱗湖に落ちる雨を眺めながら
かき氷
ふわふわの氷で涼を取る
写真の白玉金時はオットの氷
ワタシはインスタ映えを選んでラズベリーの氷にしたのだけど
見てみるとこちらがフォトジェニック
氷は日本らしいものがやっぱ見栄えがしますね



DSC_4606.jpg 



旅館は前回と同じ亀の井さん
お部屋も前回と同じお部屋を指定したので
写真はスルーしますね 前回の記事はコチラ
早速お料理編に突入します



DSC_4611.jpg 



大汗かいて街の散策をし
温泉にたっぷり浸かっての夕食です
どんだけビールが美味しかったか
喉を開いて飲みました(笑)
美味しかった~

鱧 吉野煮
とまと 白和え

厚みのあるふわふわの鱧を
緩めの葛餡で寄せた前菜
と~っても美味しかった!
鱧が美味しすぎて、とまとがボケてしまいました
別出しが正解だったかもな~




DSC_4614.jpg 



季節のお造りは
豊後水道を泳いでいた鯛
前回もお造りは一点盛りでしたが
食べるたびに目を閉じてしまうほど 本当絶品で、
盛り合わせない潔さも良くわかる
最高のお造りでした
豊後水道のお魚って本当美味しいんですねー



DSC_4616.jpg 

DSC_4619.jpg 



鱚と生木耳のお碗
お出汁が美味しいので種を頑張らずとも十分なお椀なのだけど
これでもか!と言わんばかりに具も美味しい
こんな立派な鱚始めて食べました



DSC_4620.jpg 



豊後牛のすき煮
お料理名とは、ちょっと違う印象のお料理
和製ローストビーフを出汁に浸して
葱と茗荷で頂く感じ
脂さっぱりとしてるのに、トロッと口解けるお肉でした
これもとっても美味しかった



DSC_4625.jpg 



焼き烏賊の酢の物
黒むつの若狭焼き

脂ののった黒むつをいぶし焼きで香ばしく仕上げたものに
やはりお出汁が敷いてあります
焼き魚の食べ方として斬新!
ぜひオウチで試してみたいと思いました

箸休めの烏賊の酢の物茗荷と合わせてヒンヤリぷりぷり



DSC_4636.jpg 


名物のお蕎麦は
キーンと冷やしたお出汁に揚げ茄子とおろしで頂きます
お出汁を飲み干したいところグッと我慢
この後ご飯も来るのです



DSC_4641.jpg 



前回撮り損ねた鰻の小鉢と
大分県産の美味しいお米
うなぎもやはり名物です
少な目ご飯に合わせて一口サイズの鰻が3枚ほど
サラサラのタレと一緒に入ってます
ご飯に乗せタレを回しかけ頂きます

少な目のお蕎麦と少な目のご飯で2種類の〆が頂けるのも贅沢ですよねー



DSC_4645.jpg 



ほうじ茶ゼリーと冷たいエスプレッソ
ほうじ茶ゼリーもとっても美味しくて
これも是非真似してみたいと思いました

今回も大満足のお食事とお風呂も入り放題
至福の時間を過ごせました



DSC_4655.jpg 



おまけ
前回は洋朝食でしたが
今回は和食でお願いしました
案の定和食の方が豪華なんだけど
お昼ご飯を思うと全部は食べられませんね~
それぞれ素晴らしい小鉢の数々に
朝から、のどくろの干物と言う贅沢さ
旅館の和朝食 素晴らしい!


長い記事となりました
最後までお付き合いありがとう!








インスタ ハジメマシタ
  instagram-banner.png








Soramame-cheesetoast0400.jpg 
トラコミュ オウチごはんと器の写真



今日のトラコミュピックアップ記事は7月3日のトラックバックより
「おフランスからのバター♪とトラヤカフェの餡子とのコラボ♪」
夢のコラボトーストですよ~
これ食べてみたいです
ロブションのパンにエシレバターとトラヤの餡ペースト
美味しくないわけがない
手に入るもので出来上がるお店でも食べt\られない味
身近で出来そうなものありそうですよね
ぜひ遊びに行って見てね




*トラコミュとは共通のテーマのブログ記事をトラックバックで送信
集まった記事から出来るコミュニティです
オウチごはんや器の使い方 ダイニング風景を募集中♪




f1rqdy4k.jpg
トラコミュ 湯布院の旅館やお宿



温泉通、グルメ旅、 旅慣れた方にも満足できるクオリティ
湯布院お勧め情報 お勧の旅先いっぱいあります
ぜひ次の旅先は九州に!



4vky032x.jpg 
トラコミュ 和食



和食の美しい盛りつけやお膳作りが学べます
家庭料理の和食からプロの作る和食の風景まで
普段の生活に取り入れてみたい小技を覗いてみましょう











二つの「お料理ブログ選手権」に参加してます!
1日1回有効でクリックで投票されます
 ↓please click ranking banner↓
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
ランキングへの応援クリックは
皆さんからの評価と受け止めて 大切に考えています
いつもありがとうございます<(_ _)>









今日の食器   





                *



第5話に湯布院 亀の井別荘の巻



こちらも湯布院で有名なお宿です
亀の井別荘とはまたちょっと違う感じの様子
お料理中心の旅館が好き
次回こそこちらにしてみようか




前回も思いましたが
亀の井さんの器 ようびさんのものを
結構使われてるようでした
湯布院他のお店でも見かけるので
ようびさんは格式のある料理屋さんでも
人気の器屋さんのようです





テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2017/07/03(月) 09:34:38|
  2.   ●外ごはん●
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

「湯布院 亀の井別荘 お食事編」

DSC_0257.jpg 



目を引くお軸でしょう?
女に弱いと書いて「たおやか」だそうです
一文字を見て何かを考える
思考の奥をくすぐられるお軸ですよね~


お食事は、お部屋出し。
過ごしてるお部屋で身だしなみを整えることなく
リラックスしたままの流れで 泊り客に合わせてスタートしてくれる
この心地よさを実現させるために
もてなす側は
大変な下準備と段取り、手際が必要になります
この日の湯布院の気温夕食時は5℃以下
温かいものを温かいうちに出せるってスゴイことなのです



DSC_0298.jpg 



お品書きを見ながら
お料理を待つ時間も大好きです
贅沢な時間の過ごし方
細切れのシーンを楽しむべし(笑)
主婦だからこそ見える事
だからこそ楽しめる事
旅先にはいっぱいあります



DSC_0272.jpg



雲子煮卸し
クレソン 木の子 お浸し

雲子とはタラ白子良い加減の大きさの白子を みぞれ煮にしてあります

里山のクレソンと木の子のお浸しは
青々と香りを引き立てたジャストなお出汁で
三島の先付と薄張りのグラス 器の合わせも超好み
わくわくが止まりません



DSC_0273.jpg


お品書きには季節のお造りとだけあったので
何が出るのか楽しみにしてました
なんと~~~
河豚です
もぉ~本当美味しくて美味しくて
この特上の河豚を厚切りでブリブリッと食べるなんて
本場ならではですねー
都会ではこれを薄くそいで1枚皿の薄作りにするところ
4枚の河豚と 美しい煮凝り
絶品でした!



DSC_0276.jpg


蓮豆腐と車海老の碗
素晴らしいお出汁に葛をまとった車海老
蓮豆腐もモッチリと食べごたえのある椀種でした
お出汁も本当美味しかった



DSC_0281.jpg

豊後牛 炙り焼き
豊後牛ってあまり市場に出回ってないですよね~
この日はヒレでしたが
高級なシャトーブリアンの触感に和牛の甘さ
口の中で解けるお肉でした
これに添えられたこの椎茸がまた絶品
椎茸の濃い風味がスパイスとなって乗せられた一品
山葵とお塩で頂きました


DSC_0285.jpg 

DSC_0288.jpg 


山菜と公魚 天麩羅
天鰤 蕗 炊合わせ

鼠志野の角皿と鳥獣戯画の蓋物
ほ 「いいわぁ~これ」
ほ 「欲しいな~これ」

オット「・・・。」

器の素敵な食事処というのは
オットにとっては危険区域
気づいたが、時すでに遅し(笑)



DSC_0295.jpg 



湯布院の街の散策でも楽しみなのは
色んな手打ちのお蕎麦屋さんが点在していること
それぞれ特徴があってそれぞれ美味しい!
お蕎麦もこれだけ色んな打ち方があるのね~と感心します
お昼もお蕎麦でしたがこれまた全然違う蕎麦なので
楽しめます
お酒と楽しむ鴨せいろ
ほっとしますね~

と、このあたりで日本酒が良い感じで回っております



DSC_0299.jpg



がーん(;゚д゚)
撮る前に食べ終わってしまった

お蕎麦がありましたからね
ご飯はほんのちょっとだけ
これまた大分名物の鰻を
カリっと焼いてサラサラのタレを敷いて小さな小鉢に3枚
小吸碗には香り濃い出汁に薄く溶いた赤出汁でした
お米も大分産の美味しい美味しい土鍋ごはん

最後まで楽しめるお料理の量も本当心地よい
ご飯まで美味しく食べられました!
どんなに美味しくても多すぎると不快になります
酒膳の料理量
これも美味しさのウチだと思うのです



DSC_0301.jpg



食べ始めて
「!!写真!!」と撮りました
食べかけで失礼;

酒粕のパンナコッタに
冷たいエスプレッソ
漆器にアンティークのガラスってのも素敵ですよね~


今どきの和食は食べ手を喜ばすさまざまなサプライズを工夫し
出てくるお料理+プレゼンテーションに感動することに慣れてしまっていますが
このベーシックで奇をてらわないお料理構成に
料理長の心からのおもてなしを頂きました
本当に美味しかった
食べ終えるころには次に来られそうなスケジュールを話すほど

また訪ねたい宿
湯布院  亀の井別荘
となりました



DSC_0322.jpg

おまけ
大正ロマン風に
洋食の朝食をお願いしました
これもお部屋出しです、
お支度の場所で仲居さんがトースターで焼いてくれるパン
細部に行きわたった美味しい朝食
旅館で洋食も良いですね

次回はどの季節に出向こうか今からわくわくしています。
長い記事となりました
お付き合いありがとうございました♪









インスタ ハジメマシタ
  instagram-banner.png








Soramame-cheesetoast0400.jpg 
トラコミュ オウチごはんと器の写真



*トラコミュとは共通のテーマのブログ記事をトラックバックで送信
集まった記事から出来るコミュニティです
オウチごはんや器の使い方 ダイニング風景を募集中♪



 
f1rqdy4k.jpg
トラコミュ 湯布院の旅館やお宿



温泉通、グルメ旅、 旅慣れた方にも満足できるクオリティ
湯布院お勧め情報 お勧の旅先いっぱいあります
ぜひ次の旅先は九州に!













二つの「お料理ブログ選手権」に参加してます!
1日1回有効でクリックで投票されます
 ↓please click ranking banner↓
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
ランキングへの応援クリックは
皆さんからの評価と受け止めて 大切に考えています
いつもありがとうございます<(_ _)>









今日の食器   





                *




お料理中心で行く?
温泉重視?
お昼遊べるエリアで選ぶ?


料理押しの旅館も数多くあります
こちらもお料理で有名みたい
ガイドブックで探すのも楽しい時間だよね









テーマ:グルメ情報!! - ジャンル:グルメ

  1. 2017/03/28(火) 15:20:35|
  2.   ●外ごはん●
  3. | トラックバック:0

「湯布院 亀の井別荘 到着編」

DSC_0233.jpg 



週末湯布院の旅。
今回は
街歩きでフクロウを観察し
手打ち蕎麦で舌鼓
ぶらぶら散策
目的の場所はこちら
湯布院 御宿 亀の井別荘



DSC_0238.jpg   DSC_0392.jpg

DSC_0379.jpg 


大正時代に貴人接待用に建てられたと言われるお宿は
本館の洋室6部屋 はなれに古民家15軒
外観は広い庭に囲まれた博物館のようなイメージで
たった21客室の旅館だと知ってびっくり
入り口を超えた途端
違う空気が流れているような不思議な宿
入り口を入ると
ロビーには舶来の待合席がいくつか置かれ
静かにひっそりと密談でも交わせそうな佇まい



DSC_0242.jpg   DSC_0244.jpg

DSC_0335.jpg



今回は、はなれの和洋室に宿泊してきました
実はワタシ 方向音痴
はなれのお部屋までの道すがらもカメラを覗きながら
仲居さんの後を追ったので
部屋までの道 何度真剣に思い浮かべても思い出せず
写真の黒電話で何度かフロントに
「ワタシノオヘヤドコデスカ」

方向音痴の分際でカメラを覗きながら歩いてはいけません



DSC_0247.jpg 

DSC_0261.jpg  DSC_0252.jpg




入り口を開けて玄関を上がると2畳ほどの畳間があり(多分お部屋出しのお料理のお支度場所)
次のお部屋が居間  
スッキリと無駄のない配置と
都会では見かけない広さの客室
襖を開けた隣に、やはり広めの寝室
畳部屋に置かれたベットルームは
いかにも大正昭和のご接待のお部屋の風情

そしてそして
このお風呂!
大柄な男性でも3人は浸かれそうな浴槽に
源泉かけ流しの温泉が24時間溢れ続けています
大きな窓を開け放てば、濃い緑の香りの風が入ります




DSC_0324.jpg  DSC_0336.jpg 

DSC_0331.jpg   DSC_0330.jpg


お風呂の窓から見える塀から
ぐるりと取り囲んだプライベートな中庭
一面に美しい苔が丁寧に育てられておりました
これが濃い緑の風の匂いの正体だったのでしょう


DSC_0354.jpg  DSC_0343.jpg

DSC_0365.jpg 



風の音
緑の匂い
鳥の声
「館内放送?」と思えるほどナイスタイミングに鶯の可愛い歌声
夫婦で耳を澄ます

夕食までたっぷり時間もあります
少し休んで
大浴場に出かけます



DSC_0378.jpg 



大浴場はサンルーフ作りの明るく大きな湯船に
ひのきの露天風呂
シンプルながら落ち着く
綺麗な大浴場
のーーーーーんびり浸かってお腹を空かせます(笑)

ちょっと写真が多くなったので
夕食の記事は別記事に移します
良かったら見に来てくださいね



午後につづく。







インスタ ハジメマシタ
  instagram-banner.png








Soramame-cheesetoast0400.jpg 
トラコミュ オウチごはんと器の写真



二つの「お料理ブログ選手権」に参加してます!
1日1回有効でクリックで投票されます
 ↓please click ranking banner↓
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
ランキングへの応援クリックは
皆さんからの評価と受け止めて 大切に考えています
いつもありがとうございます<(_ _)>









今日の食器   





                *



第5話に湯布院 亀の井別荘の巻



こちらも湯布院で有名なお宿です
亀の井別荘とはまたちょっと違う感じの様子
お料理中心の旅館をチェック中



テーマ:外食グルメ - ジャンル:グルメ

  1. 2017/03/28(火) 09:30:00|
  2.   ●外ごはん●
  3. | トラックバック:0

「ゆふいん 月燈庵」




DSC_4034.jpg




先週、ひとっ風呂浴びに出かけてきました
湯布院でも少し離れた山中に佇む宿
月燈庵
入口の写真なんですよ
温泉旅館に見えますか?
「地味」



DSC_4037.jpg




地味ながらも
心憎い入口の佇まい
苔好きは しばし見とれる



DSC_4044.jpg




扉を開けると
薄暗~~~いフロントを抜け
正面に現れた大きな窓
1枚の絵のごとく
この風に揺れる絵を引き立たせるための
入口からロビーだったんですね~
憎いわ~

ただねーまことに残念なのは
この景色本来なら紅葉してるはずなんです
今年は秋が遅かった
多分 この2週あとくらいなら綺麗な紅葉が見られたはず
とーっても残念



DSC_4029.jpg  DSC_3915.jpg

DSC_4002.jpg   DSC_3998.jpg



  
素敵な景色のロビースペースから外に出ます
お部屋は、吊り橋を渡った先に数件立ち並ぶ
移築された古民家 
大正 昭和初期くらいのイメージの古民家でした
サッシじゃない木枠の窓なんて
久しぶりに見た



DSC_4010.jpg   DSC_3990.jpg

DSC_3927.jpg




お部屋についてる中庭の露天風呂
湯布院の泉質は本当素晴らしくて
トローッと化粧水のような肌触り
ザブンと浸かれば しっとりスベスベになれます

もちろん、部屋のお風呂には入らず大浴場に行きました
由布岳を眺める大きな露店で命の洗濯
お風呂は寒い季節が良いね




DSC_3946.jpg




お風呂上り
さっぱりと気分よく
バーでアペリティフに泡を頂く
主婦的 旅行の醍醐味
夕刻に長風呂して
夕焼け見ながらシャンパンが飲めるなんて
シアワセ過ぎる

「お食事のお支度が整いました」
声をかけて頂いて
レストランに向かいます
個室で頂くのでお風呂上りの浴衣に丹前姿
お化粧なし!
リラーーーックス




DSC_3953.jpg DSC_3955.jpg

DSC_3960.jpg






霜月のお品書

柿ヨーグルト酒

柿の白和え
揚げ栗
一口椎茸寿司
鶏の香り焼き

山里の前菜でスタートしました
柿のヨーグルト酒もとっても美味しくて作り方を教えてもらいました
「柿リキュール+ヨーグルトジュース」
そんなに簡単に!!





  DSC_3961.jpg

DSC_3965.jpg  DSC_3974.jpg                                       
 

鯛のスープ仕立て

鱧と茄子の芋餡

本日の肴 平目 一汐の鯖 他

お出汁の加減 塩加減も最高に美味しかった
鯛ときのこで甘さと香りを整えた 素晴らしい椀でした
椀物が好みだとこの後も期待大なのです
鱧と茄子の芋餡は
タップリの茗荷が出汁餡にぴったり
「旨~~~~~~~」




DSC_3962.jpg
                                                                  DSC_3977.jpg


酒器に添えられた花一輪
この心添えにも気を良くして
ドンドンペースが上がります
飲み人の気持ちを心得てるな~~
お酒は全種類違うお酒を頼みました
大分の地酒も旨いね~




DSC_3978.jpg

DSC_3983.jpg




秋刀魚のつみれ鍋

豊後牛鍬焼

お口直し レインボーキウイ(撮り忘れ;)


秋刀魚のつみれが超絶美味しくて美味しくて
フワフワジューシーでした
そして、
くわやきって聞いてすっかり桑の葉かなにかで香りづけした焼き物だと思っていたら
出てきたのは農具の鍬!

ほ 「くわ?鍬??」
仲居さん 「ここで皆さんワッとウケるところなんです(笑)」

大爆笑



DSC_3987.jpg





大分県産 新米 釜炊き
ちりめん山椒
香の物
白味噌仕立て

デザート 梨と杏仁豆腐(撮り忘れ;;)




全てのお料理 抜かりなくとっても美味しかった~
個室が数部屋集まるすぐそばに厨房があるので
寒い大分の山中でも
熱々のお料理が頂けました
お料理押しの旅館とは言え
ホスピタリティ
懐かしい風景
降り落ちてきそうな星空と
無音の夜
濃密な化粧水のような温泉!





DSC_4019.jpg





おまけの朝食画像
手作りのお豆腐に調理長のご自慢柚子胡椒
飲みすぎた翌朝でも食欲全開でした(笑)

夕食の担当の仲居さん(可愛い女の子でした)が、
そのまま朝食までお部屋つきでお給仕してくれるのも
リラックスできてとっても良かった




湯布院は素晴らしい温泉宿が沢山あります
お昼はお昼で街歩き
名物の手打ちそばのお店を食べ比べたり
湯の壺通りと言う土産物ストリートもあります
楽しめる温泉地
ぜひ訪ねてみてください!

頑張ろう大分!
頑張ろう九州!


*本日コメント欄お休みしまーす
  いつもありがと~♪




Soramame-cheesetoast0400.jpg 
トラコミュ オウチごはんと器の写真



*トラコミュとは共通のテーマのブログ記事をトラックバックで送信
集まった記事から出来るコミュニティです
オウチごはんや器の使い方 ダイニング風景を募集中♪


 
f1rqdy4k.jpg
トラコミュ 湯布院の旅館やお宿



温泉通、グルメ旅、 旅慣れた方にも満足できるクオリティ
湯布院お勧め情報 お勧の旅先いっぱいあります
ぜひ次の旅先は九州に!










二つの「お料理ブログ選手権」に参加してます!
1日1回有効でクリックで投票されます
 ↓please click ranking banner↓
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
ランキングへの応援クリックは
皆さんからの評価と受け止めて 大切に考えています
いつもありがとうございます<(_ _)>









今日の食器   





                *



今回楽天トラベルでの温泉旅でした
素敵なプランも沢山あります
お料理中心で行く?
温泉重視?
お昼遊べるエリアで選ぶ?


有名料理長のいる宿として有名な旅館です
食メインで豪華に行ってみたいな~と眺めているところ
人気の宿は予約も早めに!









テーマ:日本料理・寿し・割烹料理 - ジャンル:グルメ

  1. 2016/11/12(土) 09:32:59|
  2.   ●外ごはん●
  3. | トラックバック:0

「熊本県人吉市 - 清流山水花 あゆの里」






AyunoSato19.jpg




鮎を食べに出向いてきました
九州で鮎を食べるなら
温泉もセットでしょう
今回残念ながら外観は工事中
入口「歓迎 ○○様」の札を超えたところからスタートです
ようこそあゆの里へ



AyunoSato18.jpg




入り口を潜り抜けフロント前
左フロント写真は右側のちょっとした図書スペースとすわり心地の良いソファが並びます
アンティークの和家具のお出迎え
懐かしい風合いにリラックス



AyunoSato03.jpg  AyunoSato01.jpg

AyunoSato02.jpg




フロントでチェックインを済ませたら
奥のティーラウンジで ウェルカムドリンク
フレッシュなトロピカルジュースと小鮎の菓子
奥の片口はなんと焼酎ですよ
流石火の国
球磨焼酎カクテルで始まりました

「ウマーーーイ。」





AyunoSato17.jpg





お部屋のフロア
お部屋の番号を確かめドアを開けると
すでにそこは温泉でした




AyunoSato07.jpg






和洋折衷なお部屋は
ベットルームの奥に リラックスできる畳の小上がりがあり
バルコニーに24時間いつでも入れる露天風呂

流石に大浴場にカメラは持って行きませんでしたけど
と~ってもリラックスできる お風呂でした
3Fと5F に大浴場が分かれています
1日目は3Fが女湯 5Fが男湯
2日目は入れ替え

3Fのお風呂が好みだったな~
久々の温泉に心身リラックス





AyunoSato16.jpg



レストラン入口
夕食は奥の個室で頂きます
お風呂上り
化粧なし 浴衣でリラックスなお食事ができます

この後
お料理は掻い摘んで



AyunoSato08.jpg 

AyunoSato09.jpg  AyunoSato10.jpg


先付
パテ・ド・カンパーニュ
枝豆豆乳寄せ
じゅんさい

前菜
とうもろこし豆腐 生ウニ添え
オクラ スープジュレ

スープ
季節の冷製スープ

お造り
旬のお造り盛り合わせ
鮎 背ごし
鮎うるか和え



AyunoSato11.jpg  AyunoSato12.jpg

AyunoSato13.jpg



蓋物
鶏つくね トマト 蓮麩 卵〆 鶏そぼろ餡

焼き物
鮎塩焼き たで酢 たで味噌

強肴
鮑のグラタン

温物
黒毛和牛と人吉野菜のタジン蒸し



AyunoSato14.jpg AyunoSato15.jpg


ご飯
焼き鮎のお茶漬け

漬物
割り干し大根の球磨焼酎漬け 他

デザート
季節のフルーツとブランマンジェ




お風呂にゆ~っくり浸かって
寝転んで
食べて
飲んで
またお風呂
至福の時間

初日の夕食前に1時間半
2日目は朝風呂で1時間
オットは自室のバルコニー露天を気に入ったらしく
気がつけば浸かり
椅子で休んでは球磨川を眺めていました

都会の喧騒から一足入ると
ここは別国のごとし
さわさわと流れる川の音
五月雨の美しい音色
温泉の水面さえも心を打つシーンです
とっても心が潤う時間となりました

頑張ろう熊本!


清流山水花 あゆの里









Soramame-cheesetoast0400.jpg 
トラコミュ オウチごはんと器の写真



今日のトラコミュピックアップ記事は6月26日のトラックバックより
「レモンパスタ」
ピーロパイッカ・パッカネンのプレートを使ったスタイリング
重ね使いは豪華だし、やっぱ可愛い~
こういう素敵な画像を見ると、買っちゃおうかな~と誘惑されちゃう
北欧食器と吹きガラスのスタイリングなどなど
行ったら他のページもチェックしてね
ウットリ!素敵です



*トラコミュとは共通のテーマのブログ記事をトラックバックで送信
集まった記事から出来るコミュニティです
オウチごはんや器の使い方 ダイニング風景を募集中♪



xcaob74u.jpg 
トラコミュ 北欧食器でおうちごはん・おうちカフェ



色んなお家での北欧食器使い見てみませんか
北欧ビンテージのお茶の時間や 復刻版でディナー
和食器と合わせて普段使いに!
素敵な組み合わせ沢山見れるトラコミュです
憧れのあのビンテージも!












二つの「お料理ブログ選手権」に参加してます!
1日1回有効でクリックで投票されます
 ↓please click ranking banner↓
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
ランキングへの応援クリックは
皆さんからの評価と受け止めて 大切に考えています
いつもありがとうございます<(_ _)>








九州。旅のススメ   





                *


今日ご紹介した宿です
球磨川の流れを聞きながら露天風呂
のんびりできる温泉です
色んなパッケージあるようです
肥後牛メインのお食事ツアーや 和洋折衷の懐石料理



国指定有形文化財のお宿です
一気に時代背景がかわる!



プロが進める宿で★5つ獲得のお宿
つぎはここに行ってみた~~い




テーマ:日本料理・寿し・割烹料理 - ジャンル:グルメ

  1. 2016/06/26(日) 09:45:39|
  2.   ●外ごはん●
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
次のページ