花ヲツマミニ

宅飲み 料理 暮らしの事

「冬のなだ万 - 2013」

Nadaman2013-01.jpg













久しぶりの なだ万さん
記事にするのはもっと久しぶり
最後のなだ万の記事は2012年の3月でした

基本をしっかり学んだ板さんたちの
創作和食が楽しみで
季節ごとに きっかけを見つけて出向いています

季節の食材の組み合わせや
食器の使い方
盛り付けや出し方
お勉強になります

この後はMENUの流れで
















Nadaman2013-02.jpg











旬菜
鮑柔らか煮 萬苣塔
肝さくさく醤油和え
枸杞の実

   蟹玉子小袖 氷餅
お多福豆 赤蕪
寒鯖辛子酢味噌漬け
色紙独活 芋甘草

湯葉 菜花浸し 糸海胆
葛焼人参豆腐
岩茸 金の粒
   柚香バター餡



イワユル8寸
これだけお品書きに名前が載ってると
どれがどれやら;
一番美味しかったのは 鮑の柔らか煮 の肝和え
くぅぅぅぅぅ 旨い(´Д`)

















Nadaman2013-03.jpg














造り
河豚焼 霜霙酢和え
寒鰤 鯛 甘海老
あしらい一式


お造りはちょっとがっかり
普通の居酒屋さんの方が美味しいかもと思うレベル
とくに河豚は
期待してたぶん ショボーン(;´Д`)

















Nadaman2013-04.jpg










蒸物
長崎五島産あら
白菜 白葱 豆腐 ローマ春菊 柚子


大体いつもここで感動するはずなのだけど
ここでもショボーン
ごくごく普通な上に 熱さも足りない
白菜の彩も悪し












Nadaman2013-05.jpg












焼物
金目鯛酒香焼
鱈場蟹 このわた醤油焼
筍木の芽焼き 蕗の薹
雪輪蓮根酢取

焼物はとっても美味しかった
金目のこしらえも質も良く 上々な出来
特にタラバのこのわた醤油焼き フレッシュな磯の香りが立って
美味しかったぁぁ~ これは使えるテクニックだと心に留めた
蕗の薹はこの春の初お目見え 美味しかった











Nadaman2013-06.jpg














合肴
河豚の唐揚げ
たらの芽 葛素麺 酢橘

お刺身の河豚はイマイチでしたが こちらはそれなりに美味しい
ただ 甘辛醤油味の唐揚げだったのだけど
個人的には河豚は 塩で食べたい派
その辺は好みだもんね;














Nadaman2013-07.jpg













酢の物
黒毛和牛低温蒸燻製
彩冬野菜 山わさび 果実酢ゼリー

とても上等なお肉を 酢の物にする贅沢感
とっても美味しかった
果実酢と牛の脂の組み合わせもgood
カメラを構えてるうちに
1枚オットに盗まれ 「っあ!」(オットは違うコースを頼んだの)












Nadaman2013-08.jpg












ご飯
釜炊きご飯
ずわい蟹 三つ葉
香の物
盛り合わせ
止椀
赤だし

デザート 季節のフルーツ(撮り忘れ;)




ご飯も毎回相当美味しいんだけど
この日は「ん~~~~。」
炊き立てなので美味しいんだけど
これなら自宅でも食べられるかな

全体的に 「板長さん体調悪い?」と思える流れ
1杯目のグラスシャンパンも気が抜けたお粗末なものだったことも大きく減点

毎日毎日刺激的に緊張して調理するという事はとても難しい事なのだけど
大金を払って楽しみに出向く客は辛辣です
ただ 頑張る厨房の姿がまだ想像できるので
次回に期待しま~す














二つの「お料理ブログ選手権」に参加してます!
1日1回有効でクリックで投票されます
 ↓please click ranking banner↓
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
ランキングへの応援クリックは
皆さんからの評価と受け止めて 大切に考えています
いつもありがとうございます<(_ _)>












彩絵変り末広小鉢 8客セット
なだ万さんの小さな器使いは結構好き
有田のものがほとんどだとか
色物のこういう小鉢物色中♪










サントリー ジャパンプレミアム 塩尻メルロ 2007 720ml
グラスシャンパンの後に頼んだのは
「和食に合う赤ワイン」
ソムリエの選んだワインはこれでした
日本のワインもすごい美味しく出来上がるもんなんだね~
本当に美味しくて和食にもピッタシでした










テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2013/01/26(土) 10:05:25|
  2.   ●外ごはん●
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14