花ヲツマミニ

家飲みの食卓日記

「湯引き鯛の昆布〆と今年の柴漬け」

TaiKobuShime01.jpg 




















福岡に暮らして5年
スーパーでいつも思うのは
「お刺身が高いな~」
うすーーーいお刺身8切れ入ったパック、大体どれも400円
これって全国的な相場なのかしら

鹿児島ではもっと気軽に美味しいお刺身が食べられていたの
お刺身を枚数で計算するのは初めてです(笑)
もっとビックリするのは
8切れ400円なのに
柵で買うと700円くらいなのです
自分で切ると安いのよね そりゃそうなんだけど
この差 かなり大きくない?

と、迷わず柵を買ってくる



















TaiKobuShime02.jpg 
















柵で買うと1晩で食べきれず
和食の次の日
洋食でカルパッチョ
もしくは、
洋食の日は出さず
その翌日の和食のために昆布〆にする
2日ほど昆布で〆たお刺身
お醤油つけなくても良いくらい旨みを吸って
身もねっとりと熟した味わい
スーパーの鯛だったことを忘れてしまう

1枚食べては冷たい日本酒を流し込む 至福の時
「日本人に生まれて良かったわ~」

どこの国の人も祖国の美味しいものを食べると
そう感じるのかしら
次に生まれるのも絶対日本が良いわ


















TaiKobiShime04.jpg 

TaiKobuShime07.jpg 















MENU
湯引き鯛の昆布〆
山形だし
自家製 柴漬け
アボカドの明太子+刻み昆布和え

ガラスの箸洗いには今日は山形だしを入れてあります
胡瓜 オクラ 茗荷 茄子 大葉 すべて細かいみじん切りにし
出汁と醤油で味付け、粘りが出るまでかき混ぜたもの
ツルツルっと飲むスタイルに出汁多めに仕上げてあります

今年の柴漬け
初めて漬けた時から数年経ちましたが
我が家の梅酢の味に合わせて色々配合を変えています
やっと我が家流の味が安定したきがする
柴漬けを教えてくれた彼を思い出しながら毎年漬けます
お料理のレシピってスゴイですね
永年残る 柴漬けの思い出
参考にした本家の彼のレシピはコチラ
彼は他界されたので問い合わせは不可です

ウチは梅酢が、かな~~~り塩っぱいので;
相当量を減らしみりんも多めに中和しました
塩気の強い梅酢バージョンとして また少し量を加減したので記憶のため


我が家の柴漬け 作り方
茄子×3
胡瓜×2
茗荷×4
新生姜 親指大1欠片

茄子 胡瓜は 大き目の一口サイズ乱切り
茗荷と新生姜は千切り
大匙1/2のお塩を全体に絡めまぶし
重しをして一晩冷蔵庫  ウチはこれで漬けてるよ→ピクルス Pickle 浅漬器(楽天)
1度水洗いしてから絞ります

梅酢+漬かった赤紫蘇合わせて30g
みりん 60ml
醤油 小匙1
大葉 ×8枚 荒微塵切り
まんぐり和えてまた重しを乗せ一晩で 浅漬け
2日ほどで梅酢味が定着します
10日ほど美味しく頂けます(しかし10日も残ることはない;)
もうちょっと保存したいなら塩を強めにすると良いです


自家製の柴漬けは
爽やかで ジューシー
本当美味しいです
案外簡単に出来上がるので
是非皆さんもお試しください



*嫁仕事のため義実家滞在中
 コメント欄はお休みしまーす
 また来週ね~~ん♪





Soramame-cheesetoast0400.jpg
トラコミュにて素敵な食卓画像募集中
↑↑
今日のピックアップ記事は6月27日のトラックバックより
「曇りな朝ごはん」
万古焼のスティルク 有田焼の16ARITAを使った
ちょっと1杯飲みたくなるような朝食(笑) とっても美味しそうです
どんどん進化する日本の陶芸
お皿女子の心をつかむべく新しい感覚の焼き物
デザイナーズブランドが出来上がっているのです
和をちゃんと残しつつ今の時代にあったシンプルなデザイン
打倒北欧なのでしょうか(笑)
ぜひ見に行ってください












*トラコミュとは共通のテーマのブログ記事をトラックバックで送信
集まった記事から出来るコミュニティです
オウチごはんや器の使い方 ダイニング風景を募集中♪











6xunxigx.jpg
トラコミュ お気に入りの器たち
↑↑
器好きさん大集合のトラコミュ
新しいブランドも 最近話題の作家さんのもの
お皿女子が夢中になる食器の魅力を堪能出来るトラコミュです
「欲しかったこのお皿はこの作家さんのだったのか!」など
発見のトラコミュでもあるのです














二つの「お料理ブログ選手権」に参加してます!
1日1回有効でクリックで投票されます
 ↓please click ranking banner↓
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
ランキングへの応援クリックは
皆さんからの評価と受け止めて 大切に考えています
いつもありがとうございます<(_ _)>








今日の食器   





                *
木村硝子 木勝 ミニゴブレット




           *


           *
後藤文生 leaf箸置き サクラ







山水文 染付と赤絵で上品に
お祝いごとにもぴったり
お膳を引き締めてくれる形です









汲出しを小鉢として使っています
小つまみを盛るのに大きさが丁度良い







汲出しと同じ作家、坂東晃司の大きさ違いの猪口
これも小つまみや醤油入れ もちろん日本酒の杯としても活躍








懐石で言うところの箸洗いとはお口直し
フレンチのコースで言えばシャーベット的役割
サッパリとした汁気のものを盛るイメージです







とってもお安い塗りの丸盆
この価格なら人数分揃えるのも苦になりません
30cmと酒膳にピッタリなサイズ





関連記事

テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ

  1. 2014/06/28(土) 09:16:52|
  2.   ●和食●
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://hosukechan.blog25.fc2.com/tb.php/2765-b1b99fb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)