花ヲツマミニ

家飲みの食卓日記

「コーンバター醤油ライスと和食器のシミ」





conebuttershoyurice01.jpg
*松村英治 焼き締め段皿 *藤森ちか子 マグカップ *奥田章 カトラリーレスト *lue 真鍮フォーク



とうもろこしご飯は
昆布と切り落としたとうもろこしの実
お塩少々
出汁が出る芯の部分も一緒に炊きます
初日は肉味噌レタス包みに一緒に巻いて食べ
残った翌日は
更にバター醤油ライスに変換
バターと醤油ととうもろこしテッパンだものー
「旨いわよねー」舌鼓



conebuttershoyurice04.jpg




ワンプレートでカフェ風に
洋食っぽいお料理を焼き締めに盛る
皿馬鹿が楽しい瞬間
和食器に盛る洋食の絵が大好きです
蕎麦猪口にポタージュスープ・・・とか
鉄錆色のお皿にパスタとか・・・
印判マメ皿にチーズとか・・・とか
テンションUP




conebuttershoyurice03.jpg




焼き締めって単体でお皿だけ見ると相当地味だし
食べ物のシミが出来やすいので
扱いが難しいと思われがちですが
天然の土色はどんな食材をも引きたててくれます
茶色いおかずを盛っても凛として綺麗
野菜料理も艶やかに引き立ちます

陶器は使う前にお水に浸して出来る限りシミにならないようには使うのだけど
経年出来るシミについては
そのお家ごとのあじになると考えると良いと思います
この焼き締めは松村英治さんの作品
松村さんの焼き締めは最初から焼き色がムラに出ているものが多いので
シミがこれまた良い感じの模様に見えて一層深みが増してきます
使うほど美しい

和食器は同じ作品でも、その器ごとに表情が違います
鉄点がほくろのようにある器や
釉薬が流れた跡 、、また、釉薬が流れきれずに出てくる素地
焼き色も窯の中で良く焼けたり薄焼きだったり
それも含めてその器の景色
手づくりの作品の個体別の特徴こそ素敵だなーと感じます

経年色づいてきたお皿のシミにはそのお家の歴史となり
端が欠けた器を金継ぎすれば
更にマイオリジナルな器となるでしょう
「少し面倒な事を楽しむ暮らし」入り口に立った気がします








インスタも見てね♪
  instagram-banner.png







Soramame-cheesetoast0400.jpg 
トラコミュ オウチごはんと器の写真



今日のトラコミュピックアップ記事は7月5日のトラックバックより
「マリメッコ ファブリックセール&手づくり紅ショウガで焼きそば」
和もの北欧ものを上手に日常使いされてる食卓
北欧ファブリックと和食器との組み合わせもいつもとっても素敵

ぜひ遊びに行ってみて!



*トラコミュとは共通のテーマのブログ記事をトラックバックで送信
集まった記事から出来るコミュニティです
オウチごはんや器の使い方 ダイニング風景を募集中♪



cr0gr75s.jpg
トラコミュ おうちで和カフェ

eifsged7.jpg
トラコミュ うつわと暮らす



和食器で過ごす日常ご飯の食卓
お洒落な食卓造りのコツって何?
素敵な和食器使いの達人たちの食卓を覗いてみましょう
丁寧な暮らし方のヒントがいっぱい!






二つの「お料理ブログ選手権」に参加してます!
1日1回有効でクリックで投票されます
 ↓please click ranking banner↓
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
ランキングへの応援クリックは
皆さんからの評価と受け止めて 大切に考えています
いつもありがとうございます<(_ _)>









今日の食器   

                *
松村英治 焼き締め段皿

          *
藤森ちか子 マグカップ 

          *
奥田章 カトラリーレスト

          *
lue 真鍮フォーク



ストライプが繊細で綺麗
とっても良いグラス


器の邪魔をしないシンプルなレスト
和洋の食卓で活躍します!
お値段もお手頃なのが嬉しい


天然木をくり抜きで出来たコースター
繊細で美しい!


ワタシのスプーンはLueさんのものです
楽天にはブラスの真鍮があります
経年変化する真鍮 育てるカトラリーです




関連記事

テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ

  1. 2018/07/06(金) 09:30:00|
  2.   ●和食●
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<「焦げたベーコンエッグ定食で器合わせ」 | ホーム | 「ゴーヤ肉味噌レタス包み」>>

コメント

うんうん!和食器ってたしかに一つ一つ個性があるよね~(^^)w
あたしも和食器好きですw
長年使うと色も変わってくるよね!!

茶道で使うお茶碗もしかり。。。
昔から使ってるものは、だんだん渋い色になってきてますw

前回のゴーヤのお話(笑)
苦いのが当たり前、でうちのエピソード・・・
お嬢が子供の頃に、苦みを和らげたゴーヤチャンプルーを作ったら、「苦味抜きすぎやわ!!!」とクレーム><
こまっしゃくれたガキんちょでした(^^;
  1. 2018/07/06(金) 11:23:06 |
  2. URL |
  3. ばんしい #-
  4. [ 編集 ]

共に暮らす器

ほ助さん、おはようございます。
激しい雨、やっと峠を越されましたか?
早く普通の毎日が、街に戻るよう、願っています。

おうちの歴史、うんうん、優しい言葉。
土物に、はじめて、しみが残ったときの、それぞれの記憶、あります(笑)。
大概は、あせって、お皿を出したときでした。

最初に盛り付けるお皿をだして、あわせて刻むところから始めれば、なんのこともないのに……。

しみが残った器は、使わなくなりがちだったけど、共に暮らしてると、これからは思って、また出してやろうと、思い直しました。
いい言葉を、ありがとうございました。
  1. 2018/07/08(日) 06:19:45 |
  2. URL |
  3. 過労死予備群 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

●お返事●

●ばんしいさんへ
和食器って取り扱いが面倒な分育つ器だよねー
茶道のお茶碗も良いものは本当いぶし銀の美しさ
トキメク!

娘ちゃんすごいねー
味覚を育てるのは母親だから
やっぱばんしいさんの日頃からの愛情料理で育った子なんだなー
苦味の分かる子供!←文字にすると可愛い
(^◇^)アハハハハ




●過労死予備群さんへ
昨日は義実家だったんだ
すっごいすっごい雨だったよ
数メートル先が見えないくらいの雨
久しぶりでした

土ものの皿はどんなに丁寧に使っても
数年後にはしっかりついちゃうよ
シミた器に金継ぎでもすればそりゃ芸術品
('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)ウンウン
過労死さんのお料理仕事が見えるようだ
眺めてみたいわ~お料理の所作!




  1. 2018/07/08(日) 10:06:09 |
  2. URL |
  3. ほ助 #zdtON67M
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hosukechan.blog25.fc2.com/tb.php/3488-a9a0ede6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)